MENUCLOSE

NEWS / EVENT

2024.01.18

|

EVENT

4月11日 

神戸電鉄

「神鉄DAY」開催 

共創提案を大募集!

神戸電鉄が「共創による沿線活性化」をテーマに4月11日、
アンカー神戸の会員デー「神鉄DAY」を開催します。
①「駅前の通勤時間帯における潜在需要の発掘」
②「“山の神戸”からイノベーション」
の2つのテーマで、協業提案するスタートアップや既存企業を募集します。
また聴講希望者も同時に募集しますので、ぜひ下記フォームよりお申し込みください。

【日時】2024年4月11日(木)14:00~17:00
【会場】アンカー神戸
【主催】アンカー神戸、神戸電鉄

【内容】
・神戸電鉄の企業・事業紹介プレゼン
・協業提案ピッチ
・ネットワーキング

【設定課題】
①「駅前の通勤時間帯における潜在需要の発掘 」
 例えば、木津駅では神戸複合産業団地への進出企業増加により通勤利用が拡大している。(朝の通勤時間帯には300人/Hほどのお客様が利用。しかし、駅前広場も含めて売店などがなく必要最低限の駅機能しかない。)
 →駅を利用されるお客様の満足度向上に資する事業案を募集する。
 (木津駅だけでなく、すべての駅が対象)
 〈例〉木津駅の特徴
 ・駅周辺にコンビニや飲食店がない
 ・駅から産業団地内への効率的なアクセス手段がない
 ・改札前~駅前ロータリーは神鉄の管理区域ではなく活用できるスペースが少ない
 ・木津駅は工場や倉庫の増加により、沿線人口が減少している中で数少ない鉄道利用増加が見込める駅。工業団地内での話題性もあり、神鉄とのタッグに大きな可能性がある。

②「“山の神戸”からイノベーション」
 神戸電鉄沿線には、近隣の他鉄道会社と異なり、沿線のすぐ近くに豊かな自然がある。
 「地域鉄道」「山の神戸」というキーワードから、広く協業先やアイデアを募集する。
 〈協業例、資源活用例〉
 ・沿線や駅近くにある遊休不動産(店舗跡・裏山など)の活用
 ・老朽化した企画乗車券自動販売機のリニューアル
 ・古切符の活用、アップサイクル
 ・六甲山観光
 ・沿線の高校生や住民とのタイアップ
 ・定期外(観光)利用促進策
 ・駅や駅周辺(神鉄管理地内)を活用した協業

【神戸電鉄リソース使用条件】
 ・事業実施は神鉄の管理範囲内に限る (公共用地等を使用したい場合は別途当該管理者と協議)
 ・列車の運行に支障をきたさない内容であること
 ・著しい騒音、光、臭いなどを発生させないこと
 ・飲食物を扱う場合は保健所の許可を得ることができる内容であること
 ・お客様のご利用の妨げにならないこと
 ・各種法令を遵守すること
 ・公序良俗に反する内容でないこと
 ・提案内容次第では、神鉄用地等の使用において賃料の優遇等を行うことを検討
 ・工事が必要な場合は別途協議とする(基本的には応募者が負担することとする)
 ・提案内容がそのまま実施できるとは限らない

神鉄DAY

開催日
2024年4月11日
時間
14:00~17:00
場所
ANCHOR KOBE
参加費用
無料
申し込みはこちら